経済
沖縄経済ニュース

国際通り入口の「おきなわ屋」がコロナで閉店 18年間の営業に幕

国際通り入り口の一等地に立地するおきなわ屋泡盛蔵スクランブル交差店=14日、那覇市松尾

 那覇市久茂地のスクランブル交差点沿いに立地していた「おきなわ屋泡盛蔵 スクランブル交差店」が、4月末で閉店した。2003年の開店から18年間、お菓子や泡盛、ご当地グッズなどの土産品を販売してきた。長期化する新型コロナウイルスの影響で客足が戻らず、売り上げはコロナ前の8~9割減となっていた。那覇市内でも一等地で、家賃負担が重くなっていた。コロナ禍で休業や時短営業を繰り返し、通常営業もできていなかった。

 6月30日で建物から退去する。同時に「おきなわ屋泡盛蔵 美栄橋店」も4月末で閉店した。「おきなわ屋」は現在、本店のほか美浜店、那覇空港店など計6店舗を経営している。

 おきなわ屋の代表者は「(国際通りの)広告塔としての役割もあると思い運営を続けてきたが、収支が合わなくなった。それぐらいコロナの影響は厳しい」と話した。

【関連記事】

▼ゴヤケーキ破産 沖縄市の本店、すでに閉鎖

▼老舗「琉球漆器」が閉店 創業130年 コロナ影響

▼サンエーが運営「ペンション美留」閉店へ

▼沖縄県内企業の業況、初の全国最下位

▼沖縄の景気は?3月持ち直し「一服感」 日銀那覇支店



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス