社会

沖縄県内 20日で休校解除へ 「やっと会える」「念には念を」と学校関係者


 新型コロナウイルス感染拡大による約2週間の休校措置が20日、解除される。学校関係者からは「やっと子どもの顔が見られる」と喜びの声が多く上がった。一方で「まだ油断はできない」として、感染防止のために当面の間、時差登校の実施を決めた学校もある。

 「学校再開の知らせを受けて、職員室では笑顔が咲いた」。糸満市立糸満南小学校の島史生校長はこう話した。「子どもたちの笑顔を早く見たい。コロナ前のように、安心して元気いっぱい活動できる日が、一日も早く戻ってきてほしい」と願った。

 生徒の登校を喜びながらも、「念には念を」といち早く対策を講じたのは那覇商業高校。與那覇正人校長は「公共交通を利用する通勤者と生徒の通学時間をずらすために、21日は時差登校することを決めた。県が発表する感染者数は減ってきているが油断できない」と話した。

 普天間高校の島仲利泰校長は「やっと生徒と会うことができる。先生たちは行事や時間割の見直しをして、休校明けでも学校が混乱しないよう準備をしていた。受け入れ体制はできている」と喜んだ。

関連記事

沖縄県の緊急事態3週間延長 県立校休校は20日で解除 大型施設の土日営業へ

沖縄県、ワクチン広域接種3ヵ所目を設置 警官や保育士対象

大会参加の部活容認 コロナ 沖縄県、緊急事態延長で

琉大、名桜大でワクチン接種へ 県立芸大、看護大は実施せず

沖縄県内コロナ4人死亡、97人感染、クラスター5例確認(6月18日朝)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス