社会

【台風6号】石垣の大木「仲道の三番アコウ」倒れる 樹齢200年以上

台風の影響で倒れた石垣市指定文化財の「仲道の三番アコウ」=23日午後1時48分、石垣市登野城

 23日午前11時40分ごろ、沖縄県石垣市登野城の市指定文化財の大木「仲道の三番アコウ」が倒れたと市に通報があった。市教育委員会の説明によると、木は樹齢200~250年と推定されるオオバアコウで、古くから道しるべや人々の憩いの場として親しまれてきた。

 近くに住む高校生(15)は「小学生の頃の通学路にあった木で、いつもあるのが当たり前の存在だった。寂しい気持ちになる」と話した。

 石垣市は台風6号の接近に伴い暴風域に入っている。


22日の沖縄気象台の情報を基に作成

【関連記事】

▼【写真特集】停電、冠水、倒木…遅い台風6号 沖縄直撃(7月23日)

▼【写真特集】なぎ倒されたカーブミラー、倒れた木…(7月21、22日)

▼台風6号のろのろ、なぜ?沖縄気象台に聞く

▼【写真特集】沖縄、過去の最強台風を振り返る 風速80メートル超は2回

▼4連休初日、台風で人出まばら 大型店はにぎわいも

▼台風襲来!そのとき沖縄県民は…居酒屋で「ヘクトパスカル」?

▼台風勢力のバロメーター!? ユニオンに台風接近時の営業判断を聞いてみた

▼沖縄県民のシーチキン愛なぜ?「ツナの恩返し」も



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス