スポーツ
東京五輪2020・沖縄関係選手特集

【速報】野球日本が金 平良も沖縄県勢2人目

平良海馬投手

 東京五輪第16日の7日、横浜スタジアムで野球の決勝が行われ、日本代表「侍ジャパン」が米国を2―0で破り、金メダルを獲得した。公開競技だった1984年ロサンゼルス五輪を制しているが、正式競技となってからの優勝は初。石垣市出身の平良海馬投手(21)=八重山商工高出、西武=は、6日の空手男子形で頂点に立った喜友名諒(興南高―沖縄国際大出、劉衛流龍鳳会)に続き、沖縄県勢2人目の金メダリストとなった。

 今大会の県勢のメダル獲得は3日のレスリンググレコローマンスタイル77キロ級での屋比久翔平(浦添工高―日体大―日体大大学院出、ALSOK)の銅と合わせて三つ。

 平良は2試合に登板。初戦のドミニカ共和国戦では、2点を先行された場面でピンチを切り抜け、逆転勝利に貢献した。

 今季は最速160キロの直球と変化球の切れに磨きがかかり、39試合連続無失点のプロ野球新記録を樹立。プロ入り4年目の21歳という若さで侍ジャパン入りを果たした。

 今大会で県勢が獲得したメダル三つは、1大会で県勢が獲得した数として最多となった。


表彰式で金メダルを手にする平良海馬投手=7日、横浜スタジアム

 

 平良海馬の話 金メダルということで素直に喜んでいいと思う。自分の仕事という意味ではあまり力を発揮できなかったけど、皆さんにカバーしてもらって金メダルが取れた。

【関連記事】

▼平良海馬、五輪で今季初被弾「次は打たれない」 メキシコ戦<東京五輪>

▼「金メダル取って」ピンチを救った平良に地元・石垣から期待の声

▼五輪でも「ゼロの誓い」21歳平良、豪腕勝負へ

▼西武・平良が39試合連続無失点 プロ野球新記録を15年ぶり更新

プロ野球新記録の西武・平良 意識を変えさせた試合とは

▼【写真特集】沖縄出身プロ野球選手の高校時代 平良、東浜、山川、宮城…

▼オリックス宮城大弥「ごめんな、いつか恩返しするから」苦しい生活、誓った少年は…

▼150キロ台右腕 初戦で散る 平良(八商工)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス