社会

沖縄でコロナ692人感染 累計4万人超す 死亡は3人(8月27日午後)

 沖縄県は27日、新型コロナウイルス患者3人の死亡と692人の新規感染を発表した。感染者の累計は4万679人。
 
 死亡したのは▽中部保健所管内の80代女性(7月26日陽性判明。8月9日死亡確認)▽沖縄市の80代女性(7月30日陽性判明、同日入院。8月11日死亡確認)▽中部保健所管内の80代女性(8月12日陽性判明、同日入院。8月13日死亡確認)。死亡者の累計は255人

 入院患者は715人で、うち重症者が過去最多の39人となっている。病床占有率は82.6%、重症者用の病床占有率は84.8%。直近1週間の人口10万人当たり新規感染者は310.25で前日の316.28人から若干減少しているが、全国ワーストが続いている。2位の東京は218.09、3位の大阪191.97となっている。

 米軍関係の感染者は12人、累計2093人。(いずれも速報値)

【関連ニュース】

▼すでに医療崩壊…医師が訴える入院調整の現状 「来週は堤防越えあふれる」

▼ワクチン2回接種後の感染85人 沖縄県「ブレークスルー感染」との関連精査

▼沖縄のワクチン接種なぜ最下位? 供給不足だけなのか

▼マスクなしで会話、違法駐車…沖縄・人気ダイビングスポットの今

▼沖縄のロックダウン「検討必要」と厚労省有識者座長

▼宮古島コロナ世界最悪級「来ないで」 市長が強い要請

▼ランチでドライブで披露宴で…陽性者が急増する沖縄のコロナ感染7例

▼なぜ?病院クラスター死者64人に「ベッドすら動かせず」

▼【ひと目で分かる】沖縄のコロナ感染状況




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス