社会

在沖米軍コロナ感染、人口比500人超 10万人当たり推計

在沖米軍基地内の新型コロナ感染が10万人当たり500人を超えている

 在沖米軍基地内の新型コロナウイルス新規感染者が8月30日までの直近1週間で240人となり、人口10万人当たりに換算すると500人を超えると推計される。沖縄で直近1週間の人口10万人当たり新規感染者数が過去最多の322・72人で、世界最悪レベルに達したこの数値を大きく上回る。

 県が発表した在沖米軍基地内の新規感染者は30日に51人に達し、今年最多を更新した。直近1週間でも24日に49人、25日に40人、29日に36人に達するなど、1日平均34・3人の感染が確認された。

 県の資料によると、在沖米軍の軍人、軍属、家族は2011年6月末現在で、合計人数4万7300人。その後は情報が提供されていない。当時の数字から試算すると、直近1週間の人口10万人当たり新規感染者は506・4人に達する。

 在沖米軍関係者の人数は5万人未満と推計されるため、沖縄と単純比較はできない面もある。一方、人口約5万5千人の宮古島市は8月18日までの直近1週間で人口10万人当たり新規感染者数は444・9人で、世界最悪レベルだった。人口規模が同水準の宮古島市と比較しても、在沖米軍の数値の高さが際立っている。

 政府は沖縄の基地負担軽減を前面に打ち出していることから、米軍関係者の合計人数はさらに減っている可能性もある。その場合の人口10万人当たりの数値はさらに高くなる。

 在沖米軍基地内の感染状況について、県が8月下旬に米軍に問い合わせたところ「ブレークスルーは半分から3分の1」との回答を得たという。基地内でワクチン接種後に陽性となる「ブレークスルー感染」が広がっている恐れがある。

hr>

 

【関連ニュース】

▼「コロナかな?」と思ったら…行動チャート図

▼妊婦コロナ感染、沖縄8月急増162人 県「ワクチン検討を」

▼沖縄、ワクチン対象12歳に引き下げ 20~30代対象に予約なしの優先接種も

▼沖縄ワクチン異物はゴム片か 厚労省「大きな問題ない」接種再開

▼若者はワクチンに後ろ向き?実際に聞いてみた

▼沖縄の接種なぜ最下位? 供給不足だけなのか

▼マスクなしで会話、違法駐車…沖縄・人気ダイビングスポットの今

▼ランチでドライブで披露宴で…陽性者が急増する沖縄のコロナ感染7例

▼【ひと目で分かる】沖縄のコロナ感染状況



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス