地域

台風14号 非常に強い勢力で八重山地方に接近 与那国島に暴風警報(9月12日午前6時)

気象衛星ひまわりが撮影した12日午前7時20分現在の台風14号

 気象庁によると12日午前6時、非常に強い台風第14号は与那国島の南南西170キロの海上にあり、1時間に約20キロの速さで北に進んでいる。中心の気圧は935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで中心から半径85キロ以内では風速25メートル以上の暴風域、中心の東側390キロ以内と西側280キロ以内では風速15メートル以上の強い風となっている。

 与那国島地方には暴風、波浪警報が発表されており、猛烈なしけや風などで、警報級の大雨となる可能性があるという。

 台風第14号は今後、先島諸島の近海から東シナ海を北上する見込み。本島地方には沿岸の高波や、発達した積乱雲の下での落雷、突風、強い雨に注意を呼び掛けている。

 石垣島地方気象台によると、台風14号は12日から13日ごろにかけて非常に強い勢力を維持しながら八重山地方にかなり接近する見込み。石垣島地方には波浪警報、大雨、強風、雷、洪水、高潮注意報を発表しており、同地方では大しけとなり、暴風となる恐れがある。12日夜までには大雨注意報を大雨警報に切り替える見込み。

 宮古島地方気象台によると、宮古島地方には波浪警報、強風、雷注意報を発表中で、台風の最接近は12日夕方ごろと見込んでいる。

【関連ニュース】

▼【写真特集】沖縄、過去の最強台風を振り返る 風速80メートル超は2回

▼今年の沖縄は猛暑日ゼロ 南国なのになぜ?

▼沖縄にもあった!ウユニ塩湖のような風景

▼【昨年の旧盆直撃】倒壊、横転…台風9号、各地の様子

▼台風襲来!そのとき沖縄県民は…居酒屋で「ヘクトパスカル」?

▼台風勢力のバロメーター!? ユニオンに台風接近時の営業判断を聞いてみた

▼沖縄県民のシーチキン愛なぜ?「ツナの恩返し」も

▼気になる台風ネーム、どうやって決めている?名前決定のルールがあった



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス