社会

沖縄コロナ141人 前週より88人減るも2日連続で3桁(9月23日午後)

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 沖縄県は23日、新型コロナウイルスの新規感染者が141人だったと発表した。前週木曜の229人よりは88人少なかった。累計で4万9138人。

 直近1週間の人口10万人当たり新規感染者は66.93で前日(73.19)より減ったが、全国ワーストは依然続いている。2位は大阪府の43.33、3位は愛知県の32.15。

 自宅療養者は717人と前日の779人より62人減った。入院調整中は396人(前日406人)。入院は327人で、その内訳は重症9人、中等症256人。病症占有率は59.9%、重症者用の病床占有率は40.9%。 
 
 米軍関係者は11人の新規陽性者の報告があった。累計で2682人。(いずれも速報値)


 

【関連ニュース】

▼20代24%、30代32%…沖縄ワクチン接種率

▼【ひと目で分かる】沖縄のコロナ感染状況

▼夏休み延期、部活制限…緊急宣言下の沖縄の教育現場は

▼「もう限界」全国最長の緊急事態4カ月の国際通りはいま

▼沖縄の緊急事態宣言いつ解除?感染ピークアウトした?

▼ランチでドライブで披露宴で…陽性者が急増する沖縄のコロナ感染7例

▼「ブレークスルー」あってもワクチンは有効だ 医師が訴える理由

▼「陰性証明」メルカリで転売 沖縄観光で特典付き「ブルーパワーバンド」

▼「コロナかな?」と思ったら…行動チャート図



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス