社会

空自F15戦闘機パンク 那覇空港で滑走路が一時閉鎖 民間6便に遅れ

那覇空港(資料写真)

 那覇空港で14日午後4時59分ごろ、航空自衛隊那覇基地所属のF15戦闘機1機の機体右側のタイヤがパンクし、陸側の第1滑走路が52分間閉鎖された。午後5時51分までの閉鎖で出発6便が最大11分遅れた。

 空自那覇基地の発表によると、パンクの原因は確認中で、乗員1人にけがはない。同戦闘機は訓練飛行を終え、海側の第2滑走路に着陸。駐機場に戻る途中、第1滑走路を走行中にタイヤがパンクし滑走路上で停止した。滑走路上でタイヤを交換して、車両を使って滑走路外に出た。同基地は原因究明のための同型機の点検や、操縦士への教育などに取り組む予定。同基地は滑走路閉鎖について「大変申し訳ない。飛行・安全について万全を期していく」と本紙取材に答えた。

 同基地所属のF15戦闘機は昨年10月20日にもエンジン系統の不具合で那覇空港第1滑走路を約25分間閉鎖し、出発便3便に最大39分の遅れが出た。



▼【写真】空飛ぶウミガメに歓声 ANA巨大エアバスA380沖縄初飛来 

▼空自那覇のF15またトラブル 滑走路25分間閉鎖

▼Wi-Fiで世界自然遺産マナー啓発 空港などで接続時に表示

▼沖縄来県前のPCR、受けた人は47% 訪問目的や事前検査しなかった理由は…

▼「マグロが海に落ちている」70キロの大物

▼那覇空港乗降客、20年度全国2位



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス