社会

沖縄コロナ、新たに7人感染 前週日曜から半減(10月18日朝)

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 沖縄県は17日、新たに10歳未満から60代までの7人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。累計は5万43人。前週日曜の14人から半減し、今月11日以来の1桁だった。
 
 1日の新規感染者数は13日から16日まで4日連続で前週の同じ曜日を上回っていたが、17日は減少に転じた。県は「増加にいくのかどうか注意しないといけない」と説明した。
 
 17日の年代別は10歳未満と20代が各1人、40代2人、60代3人。推定感染経路が判明しているのは4人で、内訳は施設2人、家庭と友人・知人が各1人だった。
 
 16日までの直近1週間の10万人当たりの新規感染者数は11・51人で、4日連続で全国ワーストとなっている。2位は青森県(8・18人)、3位は大阪府(7・21人)。
 
 米軍関係は日曜日で県への報告はなかった。

【関連ニュース】

▼誤解や中傷、そして励まし…コロナ陽性を公表した男性に起きたこと

▼コロナ感染者を減らしたい…報道ができることは?<取材ノート>

▼沖縄最大クラスター「感染者9割がワクチン2回接種」は不正確 事実は…

▼「ブレークスルー」あってもワクチンは有効だ 医師が訴える理由

▼「コロナかな?」と思ったら…行動チャート図



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス