社会

米軍ヘリが沖縄・粟国島に緊急着陸 原因はシステムトラブル

粟国島に緊急着陸したのと同型の米軍CH53大型輸送ヘリ

 県や防衛省などに入った情報によると、20日午後6時29分ごろ、米軍のCH53大型輸送ヘリ1機が粟国村の粟国空港に緊急着陸した。大阪航空局から防衛省などに入った情報によると原因はフライトコントロールシステムのトラブル。被害やけが人の情報は確認されていない。

 沖縄防衛局によると20日夜の時点で、当該機は少なくても21日朝までは空港に残る見込み。整備要員の乗った別のCH53ヘリ1機が同空港に向かった。防衛局は安全管理などについて米側に申し入れた。


 粟国空港管理事務所職員によると、20日午後6時20分ごろ、沖縄県から同事務所所長に米軍機が緊急着陸すると報告が入った。同事務所の業務は午後6時で終了するため、米軍ヘリは無人の空港に緊急着陸した。職員は「那覇空港のような滑走路の灯火がない。日没後だったので、不時着の原因や機種などはわからない」と話した。

 粟国村の高良修一村長は「これまでも沖縄では米軍機による不時着や墜落が起きている。今回、けが人がいないのは不幸中の幸いだが、改めて基地の弊害を感じた」と憤りをあらわにした。


 

〈関連記事〉

▼米軍ヘリ、沖縄・入砂島に緊急着陸 夜間訓練中トラブルか

▼「すごい近い…」座間味沖で2機が低空飛行【動画】

▼高江ヘリパッド建設、機動隊派遣の手続きは違法

▼米軍、ヘリでのつり下げ飛行を強行 読谷村の度重なる抗議でも

▼外来機F35ステルス戦闘機が普天間に飛来するのはなぜか?

▼【深掘り】政府「敗北だ」沖縄県「尻ぬぐい」、米軍汚水を放出前に引き取り処理



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス