社会

迷いクジラ、糸満市役所近くの橋に キーキーとうめく声…呼吸止まる

糸満市・双子橋付近で迷い込んだクジラ

 沖縄県警糸満署によると、24日午後12時30分ごろ、糸満市糸満の双子橋付近で「クジラのような生き物が迷いこんでいる」と帰宅中の住民から通報があった。同市職員によると、クジラは体長約3メートル。美ら海水族館関係者も現場に急行し、確認している。



 現場は、糸満市役所近くの入り江の奧、海から約200メートルほど入った橋の下にある水路につながるエリア。近所に住む女性(59)は「約60年住んでいて初めて見た。キーキーとうめくような声を出して、尾びれをばたつかせていた」と話した。女性によるとクジラらしき生き物は午後1時40分ごろに呼吸が止まり動かなくなったという。

 女性の娘(30)は「軽石を飲み込んだのかな。生きて救出されてほしいかったけど、動かなくなり悲しい」と声を落とした。



▼「マグロが海に落ちている」ドライブの夫婦が発見、素手で生け捕り

▼那覇の住宅街の川にいたサメ、実は希少種 那覇で目撃

▼石を抱いて海を走る…記者が体験、ロックラグビーの快感

▼【動画と写真】「亀仙人」らが救出 巨大ガメ海に帰る

▼【写真】スーパームーン月食の夜、サンゴ大量産卵 宇宙と海が響き合う

▼【写真と動画】崩れゆく「沈む戦跡」米軍艦エモンズ



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス