社会

佐藤優さん、前立腺がん公表 本紙コラムで「過渡期の沖縄人として残り時間考える」

佐藤優さん

 元外務省主任分析官で作家の佐藤優さん(61)は本紙4日付の自身のコラム「佐藤優のウチナー評論」で、東京の大学病院から前立腺がんであると診断されたことを公表した。悪性は中程度で、今後、骨とリンパへの転移の有無について精密検査を受けるという。

【佐藤さんコラム】「人生の残り時間を真剣に考えなくてはならなくなった」

 自身が末期腎不全であることも明らかにし、妻がドナーとなる腎移植を検討していたが、移植される側にがんがないことが移植条件の一つであることから、がんが転移している場合には移植を断念し、血液透析の準備をするという。

 佐藤さんはコラムで「過渡期の沖縄人として、残された持ち時間(少なければ2~3年)で何をしなくてはならないか絞り込まなくてはならない」と心境をつづっている。

 (新垣毅)

 

▼【佐藤優のウチナー評論はこちら】


【関連記事】

▼翁長前知事の体調報道「あの4カ月」を振り返る(前編)<沖縄発>

▼翁長前知事、最後の大立ち回りと「ペンの出番」…「あの4カ月」を振り返る(後編)<沖縄発>

▼オレンジレンジYOHさん、うつ症状との付き合い初告白 ミリオン「花」の陰で異変

▼難病の楓空さん「支援ありがとう」 寄付の男性と対面「幸せ祈る人たくさんいます」

▼すい臓がんと闘う先生が「いのちの授業」で伝えた思い



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス