社会

いけすの水ぜんぶ抜いたら…7.9キロ巨大スッポン!日本一申請へ オキハム養殖場

はかりに乗った巨大スッポン。背中に乗せているのは出荷サイズの1キロのスッポン=8日、読谷村の座喜味の沖縄ハム総合食品

 沖縄県読谷村の沖縄ハム総合食品のスッポン養殖場で、40センチの甲羅に体重7・96キロの巨大スッポンが見つかった。同じいけす内で育ったスッポンは平均2・6キロで、その差は「月とスッポン」。各種の日本記録を公式認定しているUAジャパンレコードに申請予定で、認定されれば“スッポン日本記録”になる。

【動画と写真】まるで怪獣!巨大スッポン

 巨大スッポンを発見した水産部課長の野原寛弘さんによると、育成状況の確認のため、いけす内の水を抜いたところ「見たことのない、でっかさ」のスッポンが歩いていたという。

 施設に隣接するレストランではスッポン料理を提供しているが、今回“発見”された個体は繁殖用のメスのため、提供予定はない。さらなる成長を期待し、今後も育てていく。 (新垣若菜)


 

▼【写真特集】沖縄の巨大な生き物たち 見た!釣った!捕まえた!

▼176cm、長~~い「ヘビ」捕まえた! 口から出ていた「長いもの」は?

▼「マグロが海に落ちている」ドライブの夫婦が発見、素手で生け捕り

▼巨大ウツボ捕ったどー なんと190センチ 伊江村の大城さん、格闘4度目にして

▼【動画も】糸満の「亀仙人」、巨大ガメを救う

▼沖縄のオオムカデとゴキブリ計3種「緊急指定種」に

▼沖縄にもあった!「ウユニ塩湖」のような風景



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス