社会

尖閣開拓の日 石垣市が式典 標柱設置の必要性訴え

「尖閣諸島開拓の日」式典で式辞を述べる中山義隆石垣市長(右)=14日午後、石垣市の市民会館

 【石垣】石垣市は14日、「尖閣諸島開拓の日」式典を市民会館中ホールで開いた。新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、式典は国歌斉唱と関係者のあいさつのみとするなど規模を縮小した。

 市は尖閣諸島の住所地の字名を「登野城尖閣」に変更したことに伴い作成した行政標柱の設置を目指し、国に尖閣諸島への上陸申請をしたが不許可となっている。中山義隆市長は式辞で「国は標柱設置の必要性、重要性をくみ取り、設置できるよう取り計らってもらいたい」と訴えた。

 玉城デニー知事は、国に対し尖閣諸島周辺海域の海上保安体制の強化や、平和的な外交による解決などを求め「沖縄がアジア・太平洋地域の対話の場となり、緊張緩和や信頼醸成に貢献したい」とする祝辞を送った。

 岸田文雄首相は自民党総裁としてあいさつ文を送り「毎年、式典をすることで尖閣諸島の主権を守り抜く決意を内外に明確に示してもらっている」と市民に謝意を示した。

 (西銘研志郎)


 

▼尖閣の警備強化へ 石垣に新たな巡視船 海保最大規模、ヘリ搭載型

▼【深掘り】八重山への海自配備、実現可能性は?

▼【深掘り】中国海警法施行 尖閣念頭、自民内に警戒論

▼貴重な尖閣の自然「まだまだ研究必要」 親子2代で調査の男性

▼沖縄への核報復、米軍幹部が容認の記録

▼日本の安全保障環境「最も厳しい状況」 陸自トップ



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス