政治
石垣市長選2022

【速報】石垣市長選、自公推薦の現職・中山氏が4選確実 地元ケーブルTVが当確

中山義隆氏

 任期満了に伴う沖縄県石垣市長選が27日に投開票され、現職の中山義隆氏(54)=自民、公明推薦=が、新人で前市議の砥板芳行氏(52)を下し、4選を確実にしたと地元の石垣ケーブルテレビが報じた。
 投票率は70・54%で、前回より3・01ポイント下回った。

 

▼【まとめ読み】石垣市長選に関するニュース

 市長選では新型コロナ対策や景気回復策のほか、陸上自衛隊配備計画の賛否を問う住民投票の実施、市内へのゴルフリゾート開発推進の是非などが争われた。中山氏は「景気回復が最優先」とし、市内経済をけん引する観光業の復活を大きく訴え、市政継続を求めてきた。

▼【アプリ】候補者のプロフィルや政策をチェック

 中山 義隆氏(なかやま・よしたか) 1967年6月生まれ。市登野城出身。近畿大卒。八重山青年会議所理事長、石垣市議などを経て、2010年の市長選で初当選し、現在3期目。

 

 ◇   ◇   ◇  

 琉球新報は石垣市長選の開票状況を特集ページで随時掲載していきます。


【関連ニュース】

▼中山氏が語った脱コロナと経済対策

▼石垣市議補選 大道氏、伊良部氏が無投票当選

▼名護、南城市長選でも…「オール沖縄」の退潮鮮明

▼オール沖縄に募る危機感 自公が練る「辺野古戦略」

▼玉城知事が2月議会での出馬表明を見送った理由



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス