経済

梅雨の沖縄でデリバリー繁盛 沖縄そば、クレープ…売り上げ5割増も

宅配サービスを利用した注文が入り、宅配用の容器に盛ったそばにソーキを盛り付ける我部祖河食堂前島58号店の店長=26日、那覇市の同店

 降水量が平年の3倍を超えるなど梅雨が「本領」を発揮する中、沖縄県内の飲食店がデリバリーに力を入れている。雨が降れば客足が遠のくのが飲食店の常だったが、雨の日も繁盛する店が増えている。梅雨前と比べデリバリーの売り上げが50%増となった店もある。手軽な宅配サービスの登場もあり、商戦が熱を帯びている。   

【動画と写真】自販機で寿司?記者が買ってみた

 「雨の日はデリバリーで忙しくなる」。アイスクリームで有名なフォーモストブルーシール新都心あっぷるタウン店の中川慎一マネージャーは、うれしい悲鳴をあげる。多い時は1日10件の注文が入ることもある。一度に5、6個注文する人もいるという。

 デリバリーで圧倒的に人気なのはクレープ。午前中はソーセージやチキンなどが入ったおかず系の注文が多い。基本的には気温の高い日の方が売り上げがいいが、デリバリーは気温の低い雨の日でも多くの注文が入るという。

 梅雨入り後のブルーシール全体のデリバリー売り上げは、梅雨前と比べて40%増えた。新都心あっぷるタウン店、豊崎店、パレットくもじ店は50%増だ。デリバリーが店を支えている。

 沖縄そばの有名店「我部祖河食堂」は、新型コロナウイルス感染拡大による売り上げ減を受け、2年前からデリバリーを始めた。

 同食堂を運営する「まあさんど」(沖縄市)の田畑智次総務部長によると、那覇市の前島58号店と那覇市牧志のげんじや~店のデリバリーの売り上げは梅雨入り前と比べて約40%増えた。「雨が降ると客足が遠のいてしまうが、デリバリーの売り上げが減った分をカバーしてくれる」と話した。

 前島58号店によると、平日は夜、休日は昼の注文が多い。一番人気はソーキそばセットで、三枚肉そばセットもよく出ている。丼ぶりものでは沖縄ちゃんぽんも人気だ。店長は「『雨でお店に行くのはちょっと』という人にもぜひ食べてほしい」と語った。(金盛文香、狩俣悠喜、稲福政俊)


【関連記事】

▼からあげ人気の秘密は? コロナ下、沖縄でも拡大<けいざい風水>

▼日用品宅配「Wolt」サービス開始 イオン琉球が2店舗で

▼宅配専業「ゴーストレストラン」の進撃 経費圧縮、ITの強み駆使

▼新型コロナでデリバリー業界が隆盛 加盟店急増、新規参入も

▼【写真特集】梅雨入りした沖縄



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス