地域

「沖5」ナンバーと左ハンドル…愛車とともに半世紀 沖縄復帰時に購入、今も現役 宜野湾の瀬名波さん

 【宜野湾】目を引く“黄金色”の車体に「沖5」ナンバーと左ハンドル。時代を感じさせる「コロナマークII」に今でも大事に乗り続けるのは、宜野湾市に住む瀬名波起廣(きこう)さん(86)だ。沖縄が日本に復帰した1972年に79万円で購入。今年、愛車と半世紀を迎えた。


愛車「コロナマークII」と半世紀を迎えた瀬名波起廣さん=5月30日、宜野湾市(一部画像を処理しています)

 購入したのは37歳の時。コロナマークIIが世に出始めたばかりだった。特に車好きというわけではなかったが、愛着が湧き、以来半世紀も乗り続けているという。瀬名波さんは「たまたまこうなってしまった」と苦笑いする。

 一番の思い出は、妻・恵子さん(享年81歳)を助手席に乗せてドライブした日々だ。休日にはよく北部のリゾートホテルに宿泊したという。帰りにふらっと立ち寄った今帰仁村の「クラシックカーフェスティバル」では、ワンオーナー賞を獲得した。恵子さんの病院への送迎も、コロナマークIIを使った。

 今でも近所のスーパーや、2カ月に1回の通院で運転する。信号待ちの時には「すごい車ですね」と声を掛けられることも多いという。

 8月には運転免許証の更新を迎えるため、運転技能検査の合格へ意気込む。

 車体は古さを感じさせるが、エンジンはまだまだ丈夫。「どっちが長生きできるか勝負だな」と笑顔で愛車を見つめた。
 (石井恵理菜)

【関連記事】

▼47年現役アイドル!イルカのオキちゃん、国内最長飼育

▼ナナサンマルバス…今も走る県民の足

▼沖縄のソウルフード、タコライス 発案は私の祖父

▼鉄道がない沖縄で「デゴイチ」が結んだ縁

▼昭和の名車たち、右側通行を再現 うるま市海中道路



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス