社会

「天国の大きいおじいちゃんに届くように」平和の詩を朗読の德元さん抱負 沖縄「慰霊の日」 

平和の詩の朗読者に選ばれ、記者会見する德元穂菜さん=15日、沖縄市の山内小学校

 23日の「慰霊の日」の沖縄全戦没者追悼式で、平和の詩「こわいをしって、へいわがわかった」を朗読する沖縄市立山内小学校2年の德元穂菜(ほのな)さん(7)が15日、同小で取材に応じた。「ドキドキして緊張するかもしれないけど、大きな声でゆっくり読めるようにしたい。天国にいる大きいおじいちゃんに届くように頑張る」と、緊張した様子で意気込んだ。

 昨年6月に、家族で宜野湾市の佐喜眞美術館を訪れたという德元さん。「沖縄戦の図」に衝撃を覚え、そのとき感じた気持ちを詩で表現した。「怖い気持ちと悲しい気持ちを書いた。だから反対の平和のことを考えて、大切にしたいと思った」と話した。

 例年慰霊の日には家族で平和祈念公園を訪れ、平和の礎に刻名された曽祖父に手紙や折り鶴を持参し、手を合わせている。詩の中で「せんそうがこわいから へいわをつかみたい ずっとポケットにいれてもっておく」と、豊かな未来を思い描く。

 23日の追悼式で壇上に立つ。「戦争はいけないことだと強く思ってほしい」。詩を通じて、平和への思いをつないでいきたいと気持ちを新たにしている。 (石井恵理菜)

【関連記事】

▼【全文はこちら】平和の詩 「こわいをしって、へいわがわかった」

▼なぜ6月23日?「慰霊の日」 実は紆余曲折の歴史

▼「平和の詩」に山内小2年の德元さん 今年の全戦没者追悼式で朗読

▼沖縄戦犠牲者の名前刻む「平和の礎」に55人新たに追加

▼沖縄戦の戦没者24万人余の読み上げ始まる 23日の「慰霊の日」まで

 



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス