社会

熱中症増加、沖縄県が注意喚起 4~6月 1人死亡、97人搬送

 沖縄県は20日、熱中症の注意喚起を発表した。梅雨明け前後で、熱中症による救急搬送が増える傾向があるとして、予防や対策を呼びかけている。

 消防庁のまとめによる県内の2022年の熱中症での救急搬送人員(速報値)によると、4月25日から6月12日の間に、県内では97人が搬送されている。県によると5月には70代の男性が熱中症で亡くなった。搬送されたのは速報値で多い順に成人39人、高齢者37人、7歳以上18歳未満の若者20人、乳幼児1人だった。発生場所の最多は住居が32人で、公衆(屋外)17人、仕事場(工事現場など)14人などだった。

 県によると、昨年に熱中症で救急搬送された人数は、梅雨明け後1週間(7月2~8日)は平均12人で、梅雨明け前の1週間(6月25日~7月1日)の平均2・9人と比べ4・2倍増加した。
  (嘉陽拓也)


【関連記事】

▼低リスクならマスク着用不要に 基準緩和 沖縄県コロナ方針

▼沖縄の5~7月、気温はほぼ平年並み 気象台3カ月予報

▼夏も安心♪屋根付きベンチ 熱中症や紫外線防止 立神鐵工所が開発

▼18歳が車で熱中症死、友人「大丈夫だと思った」飲酒発覚も恐れ

▼「ただ生きていてほしかった」熱中症死の18歳、両親の思い 理容師の夢半ばで




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス