政治

沖縄知事選、元宜野湾市長の佐喜真氏が出馬表明 「県政危機」からの転換を訴え

知事選への出馬を表明する佐喜真淳氏=5日午後、那覇市の沖縄ハーバービューホテル

 8月25日告示、9月11日投開票の沖縄県知事選挙に向け、新人で元宜野湾市長の佐喜真淳氏(57)は5日、那覇市内のホテルで記者会見を開き、出馬を正式に表明した。佐喜真氏は新型コロナウイルスの感染拡大や観光業の停滞、物価高などの諸課題に触れ「今の危機は県政によってもたらされた。県政危機に他ならない」と述べ、県政を転換する必要性を訴えた。

 選挙戦で最大の争点となる米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設を巡っては、「移設を容認する」との姿勢を明確に示した。日米で普天間飛行場の返還合意がなされていることを挙げ、「早期返還実現には、今の計画が現実的だ」と語った。移設の是非で対峙する国と県との裁判闘争が続くことで「返還時期が遅れている」と問題視した。

 知事選には2期目を目指す現職の玉城デニー氏(62)のほか、前衆院議員の下地幹郎氏(60)も出馬を表明している。告示まで1カ月を切る中、各陣営は事実上の選挙戦を本格化させる。

【特集ページ】沖縄県知事選2022

【関連記事】

▼前回の沖縄県知事選の結果は…

▼沖縄知事選で政党座談会 新基地、コロナ対策…県政への評価二分

▼沖縄県知事選 3氏立候補へ体制構築急ぐ 統一地方選と連携も 告示まで1ヵ月

▼沖縄県知事選、当落ラインや投票率は?<データに見る知事選>

▼沖縄、24市町村が知事選と同日に選挙【選挙日程一覧】

▼沖縄県知事選の説明会に7陣営が出席 まだ表明していない人も 県選管

 



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス