政治

玉城沖縄知事がコロナ濃厚接触者に 症状なし、自宅待機 抗原検査は陰性

玉城デニー知事

 沖縄県は6日夕、玉城デニー知事が新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者に該当すると発表した。6日に判明し、同日受けた抗原検査の結果は陰性だった。6日夕現在、発熱などの症状はないという。自宅待機を続け、7、8の両日ともに抗原検査で続けて陰性が確認された場合、8日から公務に復帰する。

▼玉城知事、6月にはコロナ陽性

 玉城知事は6日、県知事選に向けた支持母体の支部開きや宜野湾市長選の立候補予定者の事務所開きに参加する予定だったが取りやめた。7日には公務で「第2回沖縄空手世界大会閉会・表彰式」への出席を予定していたが、代わりに照屋義実副知事が対応することになった。

【関連記事】

▼沖縄県が「BA・5」の対策強化指定地域に 31日まで

▼エアロゾル対策の要は「換気」 コロナ感染予防 アクリル板の向きもポイント

▼「世の中はこんなに活発なのに…」追い詰められる医療従事者たち

▼返却率わずか27% パルスオキシメーターの在庫厳しく、沖縄県が貸し出し制限

▼「日本で最も感染がコントロールできていない」「危機感が見えない」沖縄県に専門家が苦言



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス