政治

議会の同意を得ずに7000万円以上で抗原検査キットを大量購入 沖縄県「事例なく同意を得る意識が欠落」、追認議案を提出へ

 沖縄県は21日、県条例で予定価格7千万円以上の財産取得には県議会の同意が必要と定めているにもかかわらず、同意を得ずに7千万円以上の新型コロナウイルスの抗原検査キットを大量購入していたと発表した。県によると5~8月にかけて、3事業者から65万個分の検査キットを約3億2653万円で購入する契約を締結。1事業者に支払う額がそれぞれ7千万円を超えていた。県は9月定例会に3件の追認議案を提出する。

 庁内からの指摘で発覚した。検査キットは消耗品と捉えられていて、これまで一気に大量購入した事例がなく、議会同意を得る意識が欠落していたとした。

 県は6月にも沖縄振興特別推進交付金(ソフト交付金)を活用した事業の手続きミスで、交付予定だった約10億1892万円を国から得られなかった不祥事を公表していた。宮城力総務部長は「繰り返しこういう事案が生じている。事案を全庁的に共有した上で発生しないように留意したい」と述べた。
 (梅田正覚)

【関連記事】

▼沖縄県のミスで10億円目減り 交付予定が得られず 振興ソフト交付金

▼沖縄県が申告ミス…交付金1.2億円欠損 那覇と浦添の街路事業、一般財源から充当

▼沖縄、自宅療養数の発表を省略 26日から コロナ発生届の変更を受けて対応

▼玉城デニー知事の公約「達成率」、県側答えず 291のうち完了8・推進中279に 県議会

▼物価高対策で事業者に最大50万円の現金給付 コロナ対策費含め補正予算50億円 沖縄県議会が可決



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス