社会

沖縄コロナ488人、新たにクラスター2例(9月28日午後)

オミクロン株の電子顕微鏡写真(国立感染症研究所)

 沖縄県は28日、新型コロナウイルスの新規陽性者488人(前日568人)を確認したと発表した。26日から全国一律で発生届が簡略化されたため、単純比較はできないが、前週水曜日の782人と比べ294人減少した。陽性者の累計は49万9208人。新たにクラスター2例、追加1例が報告された。

 ▼【チャート図】コロナ発生届簡略化後の健康フォローは?

 病床使用率は20.9%(前日22.5%)。重症者用の病床使用率は10.4%(同10.4%)。

 米軍関係者の新規陽性者数は4人(前日9人)の報告があった。累計は2万798人。

 県内の前日時点での直近1週間の人口10万人当たりの新規陽性者数は256.81人で、全国平均も下回り42位。最も多かったのは秋田県416.25人、2位は宮崎県380.04人、全国平均は303.32人。

 入院中は149人(前日161人)、うち重症は前日と同じ5人。宿泊施設療養中は156人(同152人)。発生届の簡略化により、入院調整中や自宅療養中の集計報告はなかった。

(いずれも速報値)

【関連記事】
>>【ひと目で分かる 沖縄のコロナ最新情報】

▼沖縄県、コロナ対処方針を一部緩和へ 医療非常事態宣言は解除、部活動の制限もなし

▼議会の同意を得ずに7000万円以上で抗原検査キットを大量購入 沖縄県「事例なく同意を得る意識が欠落」

▼沖縄県、外出自粛要請を終了 経済と医療両立に移行【動画付き】

▼沖縄の修学旅行、バスが足りない…コロナ禍3年で200台超減 運転手、ガイドも不足



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス