社会

ひろゆきさん本紙取材 ひろゆきさん側から条件追加で見送り

4日にシュワブゲート前を訪れたひろゆきさん=名護市辺野古(仁尾淳史さん提供)

 米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古での抗議活動に対する、ひろゆき(西村博之)さんの発言を受けて、琉球新報社がひろゆきさんへの取材を申し入れ、それを見合わせたことについて、ひろゆきさんが20日午後、「琉球新報側の都合で前日ですが取りやめになりましたー。」とツイッターに投稿した。

 ひろゆきさんのツイートは「『言った。言わない』を避けるために、配信しながら取材をする形で進んでいたのですが、琉球新報側の都合で前日ですが取りやめになりましたー。」と記されている。

 本紙は10月中旬、ひろゆきさんと親交がある人を介してインタビュー取材を申し入れていた。ひろゆきさんが提示した21日午後7時から取材をインターネットで配信することを前提に調整を進めてきた。配信は仲介者のユーチューブ・チャンネルを想定していた。

 調整を進める中、ひろゆきさん側から19日、他メディアのチャンネルでの配信を必須とする新たな条件を提示された。本紙は他メディアで本紙記者のインタビューが配信されることを検討したが、取材予定日までに結論を出せないため、21日のインタビューは見合わせたいとひろゆきさん側に伝えた。

【関連記事】

▼「ネットだけでは分からない」辺野古ゲート前抗議の現場を訪れた若者、戦争体験者の姿に驚き ひろゆきさん投稿で関心

▼ひろゆきさん発言、芥川賞作家はどうみるか 「炎上商法」辺野古が標的に 抗議活動を続ける目取真俊さんに聞く

▼ひろゆきさんに「汚い文字」と言われた掲示板、製作した男性の思い 米兵に母を殺害された悔しさ込め

▼辺野古で抗議活動する人は「プロ市民」?

▼ひろゆきさんの投稿に波紋 無理解、差別…一方で「正論」の声も

▼平和な島「諦めずに頑張る」 辺野古座り込み3000日 2014年からの8年に市民、決意新た




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス