教育

沖縄県立中学校の志願倍率、開邦が最高の7.79倍 来年4月開校の桜中は3.23倍

 2023年度入学の沖縄県立中学校の出願受け付けが10月31日~11月4日、与勝緑が丘、球陽、開邦、名護高等学校付属桜中の4校で行われた。23年4月開校の桜中は初めての募集。志願倍率は与勝緑が丘が1.76倍、桜中が3.23倍、球陽が4.29倍、開邦が7.79倍だった。適性検査は12月3日に実施される。

  ▼「女子は男子より頑張らないと」納得いかない県立中入試 私立は撤廃「時代に合わぬ」

 入学定員は桜中が40人、与勝緑が丘・球陽・開邦はいずれも80人。志願者数は与勝緑が丘が141人(男子70人、女子71人)、球陽が343人(男子183人、女子160人)、開邦が623人(男子287人、女子336人)だった。桜中は129人(男子52人、女子77人)だった。

【関連記事】

▼「忙しすぎて思考停止」教員のメンタルヘルス問題 識者ら議論

▼県立中学校、女子は高得点でも不合格に…定員「男女同数」が影響  

▼桜中学校の説明会に150人参加 名護高校付属、2023年度に開校

▼沖縄の小中担任52人不在 公立校 小学は42人、6月の3倍

▼高校授業で使うタブレット、3万円程度保護者負担に 沖縄の県立高

 

 



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス