政治

【動画あり】自衛隊の12式地対艦ミサイル、米軍の「ハイマース」公開 7カ国の軍幹部が視察 奄美での日米統合演習

高機動ロケット砲システム「HIMARS(ハイマース)」を紹介する米陸軍第1マルチドメイン・タスクフォースの兵士ら=16日、鹿児島県瀬戸内町の瀬戸内分屯地

 【奄美大島で明真南斗】防衛省・自衛隊は16日、日米共同統合演習「キーン・ソード23」の一部を鹿児島県の奄美駐屯地と瀬戸内分屯地で公開した。自衛隊の12式地対艦ミサイルと米軍の高機動ロケット砲システム「HIMARS(ハイマース)」を各国の軍幹部らに紹介した。離島で日米が連携してミサイルを設置する作戦を対外的に示す狙いがある。17日には、与那国町に陸上自衛隊の16式機動戦闘車(MCV)が運び込まれる予定だ。

 オーストラリアとカナダ、韓国など7カ国軍の代表者が防衛省の招待で演習を視察。初めてキーン・ソードにNATO軍の代表者も参加した。

 奄美駐屯地では、日米連絡調整所が設置された。日米が共同で負傷した米兵や自衛官を治療する訓練も実施した。

 瀬戸内分屯地でハイマースを紹介したのは、米ワシントンに拠点を置く第1マルチドメイン・タスクフォース。4~6分で可能とされる砲弾の装てんを実演し、機動性の高さを示した。


【関連記事】

▼沖縄県警が長崎での陸自訓練に参加 尖閣対処を想定

「データ消すところも見せて」本紙カメラの撮影を自衛隊が制止

▼【動画あり】日米演習開始 沖縄・中城湾港から公道へ 自衛隊73車両、陸揚げ 

▼【深掘り】民間空港や港湾を自衛隊が使いやすく 強まる公共インフラの「防衛力」化

▼「有事をあおるほど、有事は現実のものになる」自衛隊強化に危機感 沖縄市でシンポ




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス