経済

沖縄の北部テーマパーク、来月着工、7日起工式 オリオン嵐山ゴルフ場跡 25年開業へ  

  【北部】沖縄県今帰仁村と名護市にまたがる「オリオン嵐山ゴルフ倶楽部」跡地で計画されている北部テーマパークの本格着工が来月にも始まることが25日までに、関係者などへの取材で分かった。計画を進める運営会社のジャパンエンターテイメントは2月7日、建設予定地で地元関係者らを招いた起工式を実施する。

▼本島北部テーマパーク「世界水準に」 森岡氏が語る

 同社は2025年前後の開業を目指しており、今後工事がさらに加速するとみられる。施設の具体的な内容については明らかにされていない。

 今帰仁村の久田浩也村長は「テーマパークは観光客の滞在日数の長期化や富裕層の誘客が見込まれる。赤土流出対策など地域環境に配慮しながら工事を進めてほしい」と期待を示し「いかに村の中心地などに観光客を引き込むことができるかが課題だ。必要なインフラ整備などに取り組みたい」と話した。


【関連記事】

▼水遊び広場に巨大滑り台も♪ 「道の駅ぎのざ」が人気

▼県内最大規模、ドーム型グランピング施設 南城市

▼辺土名の森でキャンプや星空観察! 国頭・森林公園がリニューアル

▼【動画】開通した名護東道路を走ってみた 許田から伊差川までノンストップ

▼道の駅にキャンプ施設 やんばるの自然を「音」で楽しむ




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス