有料

1月県内観光客62.9万人 18%増、イベント影響 沖縄


1月県内観光客62.9万人 18%増、イベント影響 沖縄 沖縄県内(空撮)
この記事を書いた人 Avatar photo 與那覇 智早

 沖縄県文化観光スポーツ部は26日、1月の入域観光客数が前年同月比18・2%(9万6900人)増の62万9100人だったと発表した。1月は那覇発着のクルーズが実施されたほか、県内各地で開催されたイベントや年始の連休などで、前年同月を上回った。

 国内客は前年同月比4・4%(2万1400人)増の50万8800人だった。国内海路客4千人を含む。外国船では初となる那覇発着フライ&クルーズが4回実施されたほか、県内各地で開催された桜まつりやマラソン大会、サッカーキャンプ見学などの各種イベント、年始や連休での航空会社の増便や臨時便、地方発着チャーター便があったことなどから、前年同月を上回った。

 2月は、3連休が2回あるほか、7回の実施が予定されているフライ&クルーズやプロ野球キャンプ見学、4年ぶりの開催のおきなわマラソンなどへの来訪が期待できることから、好調に推移すると見込まれる。

 外国客は海路の乗務員など1万900人を含め、同約2・7倍(7万5500人)増の12万300人だった。外国客は、入域客全体の構成比の19・1%を占めた。(與那覇智早)