有料

沖縄、新設法人が過去最多の2450社 割合で14年連続全国一 2023年 


沖縄、新設法人が過去最多の2450社 割合で14年連続全国一 2023年 
この記事を書いた人 Avatar photo 與那覇 智早

 東京商工リサーチ沖縄支店は29日、2023年の県内新設法人が前年比14%(301社)増の2450社で、統計を始めた09年以降で過去最多だったと発表した。普通法人数(最新21年度比較)に占める新設法人の割合(新設法人率)は8・58%で、14年連続で全国一となった。アフターコロナで人の動きが活発になり、飲食店や宿泊施設の開業などから、新設法人は7年連続で2千社を超えている。

 産業別では、「サービス業他」が前年比269社増の1258社と最も多かった。「建設業」が274社、「不動産業」が255社と続いた。コロナ禍が落ち着き、行動制限の緩和や入域観光客数が増加したことで、飲食店や宿泊業のほか、ウエディングに絡む新設法人も増加に転じた。物流の活発化や高齢化社会を背景に、運送や介護を事業目的にする法人も増えている。

 法人格別では、株式会社が最多の1368社で全体の55・8%を占めた。次いで合同会社が899社(36・7%)だった。市郡別では那覇市が最多の692社だった。

 (與那覇智早)