経済

オリオンビールとはどんな会社?

オリオンビール本社=豊見城市豊崎

 沖縄が米国施政権下にあった1957年に「沖縄ビール」として創業。創業者は元宮古民政府知事で、赤マルソウを経営していた那覇市出身の具志堅宗精氏。翌年、県民への一般公募で「オリオンビール」のブランド名を決め、名護町(現名護市)に工場を建設した。59年に社名を「オリオンビール」に変更し、沖縄を代表する企業に成長した。ビール事業以外にもホテルロイヤルオリオン、オリオン嵐山ゴルフ倶楽部などリゾート事業も手がける。

 1990年頃には県内ビール市場で約8割のシェアを占めていたが、消費者嗜好の多様化への対応に失敗し、市場シェアを落とし、2010年代後半にはシェア5割台に。

 2002年、アサヒビールと包括的業務提携。19年に野村ホールディングスと米投資ファンドのカーライル・グループがTOB(株式公開買い付け)を実施し、約570億円で買収。野村とカーライルがオリオンビール株の92.75%を取得した。

【関連ニュース】

▼オリオンビール早瀬社長が退任へ きょう株主総会で決定

▼オリオンビール、常務執行役員にドーガン氏就任 略歴など未公表

▼オリオンビールがコロナ禍でも新商品を次々に出せる理由【WEB限定】

▼常識覆すブランド戦略 新ビール、組織改革の一歩<オリオン変化と改革㊤>

▼ストロング系チューハイの撤退で確信…データ主義と「ドラフト刷新」<オリオン変化と改革㊥>

▼コロナ禍は「投資する、攻めだ」 早瀬社長に聞く「3倍速」の1年 <オリオン変化と改革㊦>



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス