政治
沖縄ワクチン情報まとめ

沖縄などにモデルナワクチン優先配分 河野氏「数量は相談」

河野太郎沖縄担当相(資料写真)

 【東京】新型コロナウイルスワクチンの供給を担当する河野太郎沖縄担当相は20日の閣議後会見で、緊急事態宣言が発令中の沖縄など13都府県に米モデルナ製ワクチンを優先的に配分する考えを示した。沖縄への配分量については「都道府県といろいろ相談して、数量は決めていきたい」と述べるにとどめた。

 河野氏は「緊急事態宣言の対象地域ではワクチンの増量を早く希望される所がある」と指摘。各地域へのワクチン供給について「可能な限り前倒しに取り組んでいきたい」と述べた。

 主に大規模接種会場や職域接種、大学での拠点接種で使われるモデルナ製を前倒しで供給するとした。米ファイザー製ワクチンについても「調整枠で対応する」とした。

 

【関連ニュース】

▼若者はワクチンに後ろ向き?実際に聞いてみた

▼沖縄の接種なぜ最下位? 供給不足だけなのか

▼マスクなしで会話、違法駐車…沖縄・人気ダイビングスポットの今

▼沖縄のロックダウン「検討必要」と厚労省有識者座長

▼宮古島コロナ世界最悪級「来ないで」 市長が強い要請

▼ランチでドライブで披露宴で…陽性者が急増する沖縄のコロナ感染7例

▼なぜ?病院クラスター死者64人に「ベッドすら動かせず」

▼【ひと目で分かる】沖縄のコロナ感染状況



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス