社会
沖縄の新型コロナウイルス最新情報

沖縄県内コロナ5人死亡 死者累計300人超 新規感染は57人(9月29日朝)

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 沖縄県は28日、新型コロナウイルス患者5人の死亡と、10歳未満から90代までの57人の感染を新たに確認した。累計の死亡数は300人を超えて302人、累計の感染者数は4万9482人。1日の感染者数は連休明けで検査数が少なかった先週火曜日(55人)と同水準で、県は「減少の傾向はこれまで通り続いている」とみている。

 1人の感染者が何人に感染させたかを示す実効再生産数は先週(20~26日)の値が0・43(速報値)で、前週(0・55)を下回った。

 死亡が確認されたのはうるま市の80代男性2人、沖縄市の80代女性、八重山保健所管内の60代男性、那覇市の70代男性の計5人。

 28日の感染者57人の年代別は10代14人、30代8人、20代7人、10歳未満と50代が各6人などで、70代以上は6人だった。推定感染経路が判明しているのは26人で、内訳は家族21人、施設3人、友人・知人2人となっている。

 米軍関係は新たに5人が陽性だったとの報告が県にあった。累計は2714人。

【関連ニュース】

▼【ひと目で分かる】沖縄のコロナ感染状況

▼宣言解除後の「県独自措置」、営業時間・協力金は?【指標と施策表】

▼夏休み延期、部活制限…緊急宣言下の沖縄の教育現場は

▼「もう限界」全国最長の緊急事態4カ月の国際通りはいま

▼ランチでドライブで披露宴で…陽性者が急増する沖縄のコロナ感染7例

▼「ブレークスルー」あってもワクチンは有効だ 医師が訴える理由

▼「コロナかな?」と思ったら…行動チャート図

 



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス