社会

宮城さん書類送検「不当捜査」抗議署名3000筆超す 県警や地検に提出

署名の報告をした丹原美穂さん(左)=5日午後、県庁記者クラブ

 チョウ類研究者の宮城秋乃さんが米軍北部訓練場跡地で見つかった廃棄物などを同訓練場ゲート前に置いて抗議し、威力業務妨害容疑などで書類送検されたことについて、10月16日から11月5日までに、県警本部と名護署の家宅捜査が不当だとする抗議署名798筆と、那覇地検へ不起訴を求める署名764筆が集まった。

 署名を呼び掛けていた丹原美穂さん(67)らが5日、県庁で会見し、報告した。同日、県警と名護署、那覇地検に、署名と人権や表現の自由を尊重することなどを求める要請文を提出した。

 署名は今回で2回目。インターネットと用紙で集め、45都道府県、世界12カ国から集まった。9月1日から20日までに実施した1回目の署名と合わせると、抗議署名が3088筆、不起訴を求める署名が2380筆に上った。


 

▼米軍廃棄物「抗議のため」置いたら書類送検 沖縄県警、威力業務妨害の疑い

▼【識者談話】廃棄物は動かせるのに…県警捜査は過剰反応(高作正博・関西大教授)

▼反権力人権賞 チョウ類研究者の宮城さん受賞 米軍廃棄物の危険性訴え

▼宮城秋乃さん捜索から見える「3本の流れ」<山田健太のメディア時評>

▼【深掘り】政府「敗北だ」沖縄県「半植民地」、米軍汚水を放出前に引き取り処理

 



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス