社会

川で300匹以上の魚が大量死…原因不明、軽石は見られず 沖縄・うるま

魚の大量死が確認された天願川=15日、うるま市

 【うるま】うるま市の天願川で300匹以上の魚が死んでいることが15日、確認された。中部土木事務所によると原因は不明。県内では大量に漂着した軽石を魚が誤飲するなどして、大量死が相次いでいるが、同川付近は軽石の漂着は確認されていない。

 同川は現在、水量調節のため水位が低くなっており、魚の死骸は干潟付近の約20~30メートルにわたり点々と続いていた。中部土木事務所は「これまで大量死の話は聞いたことがない」として、うるま市などにも確認するという。


▼死んだ魚の胃に詰まった大量の軽石…漁業関係者「災害だ」

▼パルコシティ前の海にも…沖縄で軽石被害続く

▼養殖スギ500匹死ぬ...被害額250万円以上 軽石被害

▼回収した軽石、どう処分する?仮置き場が課題

▼「マグロが海に落ちている」70キロの大物を発見



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス