社会

12歳未満に無料PCR検査 沖縄県、年末年始に向け対策 4機関で15日から

 沖縄県は8日、12歳未満の子どもを対象とした無料のPCR検査事業を15日から始めると発表した。期間は2022年2月6日までで、1日100件限定で実施する。県の糸数公医療技監は「県外や離島の往来、年末年始や旧正月で親しい親族などと集まる際はできるだけ検査を受けてほしい」と呼び掛けた。

 【ひと目で分かる】沖縄のコロナ感染状況 

 12歳未満の子どもは新型コロナウイルスのワクチン接種の対象年齢に該当しないため、PCR検査を推奨する。県は年末年始の県外や離島の往来にも、ワクチン接種の完了か事前のPCR検査を勧めている。

 検査機関は(1)沖縄臨床検査センター(那覇市西、松尾)(2)沖縄PCR検査センター(同久茂地、安里、石垣市、北谷町)(3)読売ジャイアンツスポーツ健康検査センター(那覇市前島)(4)ACT La.新型コロナウイルス民間検査センター(同松尾、名護市)の4カ所。申し込み方法は各検査機関で異なる。詳細が決まり次第、県のホームページに掲載する予定。
 (吉原玖美子)


 

【関連ニュース】

▼沖縄コロナ警戒レベル「感染まん延期」に引き上げ

▼増えそう「3回目からはモデルナ」その理由と懸念

▼【一覧表】ワクチン3回目、市町村どう準備?接種券いつ出す?

▼沖縄で集団免疫の可能性「無症状、感染者の16倍」 友知沖国大教授ら分析

▼「ブレークスルー」あってもワクチンは有効だ 医師が訴える理由



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス