社会

沖縄コロナ新たに4人感染 警戒レベル「感染まん延期」に引き上げ(12月5日朝)

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 沖縄県は4日、10~60代の4人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。直近1週間の人口10万人当たりの新規感染者は1・01で、全国4位。人口10万人当たりの新規感染者で1を上回るのは11月10~16日までの平均1・08以来となった。また、感染経路不明の割合が70・6%となり、警戒レベル判断指標で4段階の「感染まん延期」に引き上げられた。県の糸数公医療技監は「市中で散発的に感染が続いている状況と認識している」と危機感を示した。

 土曜日としては11月27日の2人から2人増となり、2週連続で増加した。年齢別では60代、30代、20代、10代が各1人。地域別で見ると中部保健所管内、北部保健所管内、宜野湾市、沖縄市で各1人だった。感染経路は4人とも調査中。

 4日、県に報告された米軍関係の新規陽性者はゼロだった。

 


【関連ニュース】

▼増えそう「3回目からはモデルナ」その理由と懸念

▼【一覧表】ワクチン3回目、市町村どう準備?接種券いつ出す?

▼沖縄の集団感染は家庭内で最多 親戚交流の多さも影響か

▼沖縄で集団免疫の可能性「無症状、感染者の16倍」 友知沖国大教授ら分析

▼沖縄のコロナ感染者が減少した要因は? 感染もっと多かった?

▼沖縄最大クラスター「感染者9割がワクチン2回接種」は不正確<#ファクトチェック>

▼「ブレークスルー」あってもワクチンは有効だ 医師が訴える理由



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス