社会

沖縄米軍のコロナ感染 世界最悪級に…10万人当たり1905人 本紙試算

 7日の在沖米軍基地内の新型コロナウイルス新規感染者は254人となり、1日当たりの過去最多を更新した。基地内の直近1週間の新規感染者数を人口10万人当たりに換算すると2千人に迫り、世界最悪レベルとなることが本紙の試算で分かった。

 在沖米軍で確認された新規感染者数は7日までの直近1週間で903人。県の資料によると、在沖米軍の軍人、軍属、家族は2011年6月末現在で、合計人数4万7300人。その後は情報が提供されていない。この数字で試算すると、直近1週間の人口10万人当たり新規感染者は1905・3人となる。

 厚生労働省が公表している感染者数が多い国と比較すると在沖米軍基地内の数字の大きさが分かる。2021年12月26日までの1週間、新規感染者数が最も多い米国は人口10万人当たり358・2人。新規感染者数が米国に次いで多い英国は同901・3人となっている。 (仲村良太)


【関連ニュース】

▼沖縄県が憤り「コロナ米軍要請、年末やってくれれば…」

▼ランチでドライブで披露宴で…陽性者が急増する沖縄のコロナ感染7例

▼医師「引き金は米軍基地、外出禁止しかない」

▼民間PCR満杯「限界に近い」 コロナ爆発的増加で希望者急増

▼人口当たり490人…宮古島のコロナ感染、全国最悪

▼若者を中心に爆発的拡大…沖縄のコロナ感染、20代が過半数



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス