社会

人口当たり490人…宮古島のコロナ感染、全国最悪 宮古病院の外来は11日から休止

宮古島市役所

 【宮古島】宮古島市で7日、過去最多の110人の感染が確認され、直近1週間の人口10万人当たりの感染者数(490・39人)は全国最悪となった。県立宮古病院は同日、コロナ対応のため11日から一般外来休止を決めた。会見した座喜味一幸市長は島外からの渡航を「遠慮いただきたい」と訴え、市民の外出自粛も求めた。

 宮古病院は5日から診療の一部制限を開始。病院職員に感染者が出ていることなどから当面の間、外来休止を決めた。7日までの入院者数は17人。うち中等症は3人。コロナ対応病床は49床(ICU4床)に拡張した。全職員560人のうちコロナ陽性5人を含む42人が濃厚接触や体調不良などで休んでおり、人手不足も深刻な状況に陥っている。県に看護師20人の応援派遣を要請した。

 宮古島市では7日までの1週間で272人の陽性者が出た。市によると入院や宿泊、自宅なども含めた療養者数も285人と過去最多。
 (佐野真慈)


【関連ニュース】

▼沖縄米軍のコロナ感染 世界最悪級に…

▼【ひと目で分かる】沖縄のコロナ感染状況

▼沖縄県が憤り「コロナ米軍要請、年末やってくれれば…」

▼ランチでドライブで披露宴で…陽性者が急増する沖縄のコロナ感染7例

▼医師「引き金は米軍基地、外出禁止しかない」

▼民間PCR満杯「限界に近い」 コロナ爆発的増加で希望者急増

▼若者を中心に爆発的拡大…沖縄のコロナ感染、20代が過半数



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス