社会

【速報】沖縄コロナ1759人 3日連続最多更新 米軍も最多302人(1月8日昼)

 沖縄県は8日、新型コロナウイルスの新規感染者を1759人確認したと発表した。前日の1414人を345人上回り、過去最多を更新した。県内では年明け以降、感染者が急増し、6日には981人、前日の7日に初の4桁台の感染者を確認した。歯止めがないまま急拡大が続いている。今年に入っての合計は5235人、累計は5万5897人。

 在沖米軍は302人。7日の235人を超えて過去最多を更新した。累計は4583人となった。琉球新報の試算では、在沖米軍の7日までの直近1週間の人口10万人当たり新規感染者数は1905・3で、世界最悪レベルとなっている。

 居住地別の感染者は以下の通り。▽那覇市400人▽北部177人▽中部490人▽南部502人▽宮古133人▽八重山37人▽県外18人▽確認中2人。宮古島の人口10万人当たりの新規陽性者数は735.93にのぼっている。

 入院・療養等調整中は3111人。宿泊施設療養478人。自宅療養1513人。入院233(重症0人、中等症104人)。
 


【関連ニュース】

▼沖縄米軍のコロナ感染 世界最悪級に…

▼沖縄県が憤り「コロナ米軍要請、年末やってくれれば…」

▼ランチでドライブで披露宴で…陽性者が急増する沖縄のコロナ感染7例

▼医師「引き金は米軍基地、外出禁止しかない」

▼民間PCR満杯「限界に近い」 コロナ爆発的増加で希望者急増

▼人口当たり490人…宮古島のコロナ感染、全国最悪

▼若者を中心に爆発的拡大…沖縄のコロナ感染、20代が過半数



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス