経済

露天風呂付きの客室や天然温泉も ホテル「サンスイナハ」那覇中心部にオープン

ホテルサンスイナハの天然温泉(リゾーツ琉球提供)

 リゾーツ琉球(豊見城市、兼城賢成社長)は1日、那覇市辻に「ホテルサンスイナハ琉球温泉波之上の湯」を開業した。同社が展開するホテルで10施設目となる。那覇空港から車で約10分の場所に位置し、一般客も利用できる天然温泉やプールを備える。従業員は約70人で、7割は県内で採用した。

【写真】リゾートプールが水風呂に

 地上14階建てで278室。スタンダードルームやスイートルーム、露天風呂付和洋室などを備える。

 川中由仁総支配人は「地域発展に貢献し、地元に愛されるホテルになりたい」と話した。

 リゾーツ琉球は21年11月に、「WBFリゾート沖縄」から社名を変更した。親会社だったホワイト・ベアーファミリー(大阪市)が20年7月に民事再生を申請した後に星野リゾートに吸収されたため、独立した。(中村優希)


【関連記事】

▼リゾートホテルサウナ「ワンランク上」を日帰り、回数券で地元客に

▼カプセルホテルのサウナでととのう 那覇の中心「サ活」プランも

▼沖縄の老舗サウナ専門店を盛り上げる 新星サウナ経営者の挑戦

▼シャワー党の沖縄県民も虜にしちゃう「銭湯」4選

▼天然温泉に「紅型風」壁面アート登場 ロワジールホテル那覇



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス