社会

沖縄コロナ1761人、過去3番目の多さ(5月3日午後)

オミクロン株の電子顕微鏡写真(国立感染症研究所)

 沖縄県は3日、新型コロナウイルスの新規陽性者1761人(前日770人)を確認したと発表した。前週の火曜日の1418人に比べて343人増加した。過去3番目の多さ。累計は16万5061人。   

 米軍関係者は40人(前日48人)で、累計は1万3889人。

▼GW中に熱が出たら…沖縄県が発熱外来33施設を公表 コールセンターや電話相談も

 病床使用率は35.9%(前日38.1%)。重症者用の病床使用率は16.7%(同13.3%)。県内の前日時点での直近1週間の人口10万人当たり新規陽性者数は639.41人で、39日連続で全国ワースト。2位は北海道335.55、3位は佐賀県296.86。全国平均は186.53。

 入院調整中は1482人(前日884人)、宿泊施設療養中は569人(同559人)、自宅療養中は8897人(同9144人)、入院中は235人(同249人)で、重症は3人(同2人)。療養中の患者の合計は1万1203人(同1万855人)。

(いずれも速報値)

 

【関連記事】

▼沖縄のコロナ最新情報はこちら

▼子どものコロナ感染…受診のポイントは 初めてけいれん、苦しそうな呼吸

▼救急外来、パンク寸前…高止まりのコロナ感染、受診者急増 医療関係者「連休持ちこたえられるか」

▼連休中、まん延防止見送り 玉城沖縄知事「感染防止行動を」

▼妊婦コロナ感染急増 4月345人 月別で最多、周産期医療は綱渡り

 



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス