社会

新規陽性率、過去最高の20.3%に 沖縄コロナ最多、派生型が95%

 沖縄県が7日に発表した新規陽性者2375人を年代別にみると、10代497人が最多。続いて10歳未満が378人、30代が367人、40代が345人と続く。入院中は256人で、うち重症は17人、中等症は138人。県全体の病床使用率は40・6%で、圏域別では本島46・1%、宮古19・7%、八重山6・8%となっている。

▼ひと目で分かる沖縄の新型コロナ最新情報

 県内の療養者総数は、1万2198人となった。今年1月15日の1万2516人に次ぐ療養者数となった。直近1週間平均の新規PCR検査の陽性率は20・3%となり、過去最高となった。

 県は3日、感染力の強いオミクロン株の派生型「BA・2」のゲノム解析の結果を公表した。4月17~30日までに検査した96検体のうち、92検体(95・8%)からBA・2が検出された。4月5~18日に検査した96検体のうち、83検体(86・5%)からBA・2が検出されたことを踏まえると、BA・2への置き換わりが進んでいるといえる。

 県は「連休明けの平日に多くの医療機関や検査機関が営業したことで、受診する人が増えたことが過去最多の新規感染者に繋がったのではないか」との見方も示した。

 社会福祉施設で感染者のいる施設は計68カ所で、内訳は高齢者施設が59カ所で115人、障がい者施設が9カ所で48人となっている。高齢者施設で1人が酸素投与を受けている。米軍関係者では77人の新規陽性者が報告された。

(狩俣悠喜)


【関連記事】

▼GW中に熱が出たら…沖縄県が発熱外来33施設を公表 コールセンターや電話相談も

▼子どものコロナ感染…受診のポイントは 初めてけいれん、苦しそうな呼吸

▼救急外来、パンク寸前…高止まりのコロナ感染、受診者急増 医療関係者「連休持ちこたえられるか」

▼沖縄コロナ2375人感染、過去最多 初の2000人超(5月7日午後)

▼妊婦コロナ感染急増 4月345人 月別で最多、周産期医療は綱渡り



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス