経済
沖縄経済ニュース

那覇空港から恩納村のリゾートまでヘリで20分 かりゆしが事業開始へ 旅客と遊覧飛行

本部半島を背景に、新設したヘリポートから飛び立つヘリコプター=4日、恩納村の沖縄かりゆしリゾートEXES恩納

 【恩納】かりゆし(沖縄県恩納村、玉城智司社長)とスペース・アビエーション(京都市、保田晃宏社長)は9日、恩納村でヘリコプターの運航事業を始める。ホテル敷地内に新設したヘリポートを拠点に、那覇空港と片道20分で結ぶ旅客運航と、遊覧飛行が2本柱。災害時の情報収集や医療にも対応する。

 両社が県内でヘリ運航事業を行うのは初めて。恩納村名嘉真の沖縄かりゆしリゾートEXES恩納、沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパがある敷地内に、かりゆしがヘリポートを設置した。ヘリは4人乗り(乗員1人、乗客3人)のロビンソンR44を1機導入した。

 搭乗は3人までで、那覇空港と恩納村ヘリポートを結ぶ「ヘリタクシー」が1機当たり片道6万9千円から。遊覧飛行は1人当たり6500円から7万8千円などの各プランがある。7月中は県民を対象に2割引きする。

 スペース・アビエーションは全国各地に拠点があり、予備機も確保している。4日に行われた試乗会で保田社長は「観光と防災を軸に、将来は離島にも飛ばしたい」と展望を語った。

 かりゆしグループの平良朝敬オーナー会長は「北部観光の起爆剤にしたい」と話した。
 (増田健太)


【関連記事】

▼国内クルーズ船が平良港に入港 沖縄県内、2年4カ月ぶりに再開

▼ワンコイン高速船で那覇↔名護「車と違う爽快感」 運行開始

▼那覇―久米島を90分で結ぶ 町が高速船実証実験

▼高校生の8割が“車通学”…全国唯一の「鉄道なし県」沖縄

▼モノレール+バスで快適通学! 那覇バスが「沖国琉大快速線」



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス