政治
沖縄ワクチン情報まとめ

沖縄来訪者には2週間前までのワクチン、事前PCRを呼びかけ 医療機関には日・祝の診療協力求める 沖縄県

 新型コロナウイルスの新たな対処方針では、沖縄県への来訪者に対してワクチン接種やPCR検査の受検を求めるほか、60歳以上の高齢者に対して4回目のワクチン接種を呼び掛けている。

 対処方針では来訪者に対し、旅行開始の2週間前までにワクチン接種するよう求めるほか、県民と交流する予定がある場合には事前にPCR検査を受検することを要請する。さらに持病がある来訪者については、医療機関が逼迫(ひっぱく)していることから、処方薬の持参や体調管理を求めている。

 このほか玉城デニー知事は会見で、発熱外来に対応する医療機関を増やすため、8月28日までの日曜と祝日に診療を実施する発熱外来の病院と診療所に対して、協力金を交付すると発表した。玉城知事は「重点医療機関の負担が軽減されることになる」と語り、医療機関に対して協力を求めた。県は開院する医療機関について、今後県のHPで掲載するとしている。
 (武井悠)

▼【グラフでみる】感染爆発の沖縄…かつてない増え方

【関連記事】

▼「日本で最も感染がコントロールできていない」「危機感が見えない」県に専門家が苦言

▼「コロナでぼろもうけ」「飲食は協力してきたのに」「このままでは破滅」各業界から噴出する不満と本音

▼沖縄県が医療非常事態宣言 会食や外出制限を要請 イベント対策も強化

▼「通常の診療困難」久米島病院で外来一部制限 コロナ急拡大

▼沖縄、また制限下の夏に県民は?「感染者数に驚かない」「制限は仕方ない」

▼沖縄のコロナ対処方針に飲食業界は?「酒類が狙い撃ち」と疑問視「しょうがない」一定理解も



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス