社会
沖縄の新型コロナウイルス最新情報

沖縄コロナ5594人 病床使用率87.3%(8月2日午後)

オミクロン株の電子顕微鏡写真(国立感染症研究所)

 沖縄県は2日、新型コロナウイルスの新規陽性者5594人(前日3259人)を確認したと発表した。前週火曜日の5622人と比べ28人減った。陽性者の累計は36万7660人。病床使用率は87.3%(前日86.5%)、重症者用の病床使用率は40.3%(同43.5%)。クラスターの追加2例が報告された。

▼【グラフで見る】かつてない増え方…感染爆発の沖縄

 米軍関係者の新規陽性者数は94人(前日25人)で、累計は1万9474人。

 県内の前日時点での直近1週間の人口10万人当たりの新規陽性者数は2327.09人で、130日連続で全国ワースト。2位は福岡県1645.16人、3位は東京都1623.99人、全国平均は1121.47人。

 入院調整中は6415人(前日4354人)、宿泊施設療養中は499人(同514人)、自宅療養中は3万1922人(同3万3627人)。入院中は667人(同661人)、うち重症は25人(同27人)。療養中の患者の合計は3万9666人(同3万9320人)。

(いずれも速報値)

【関連記事】

▼「世の中はこんなに活発なのに…」追い詰められる医療従事者たち 

▼沖縄県立南部医療センター・こども医療センター、夜間の一次救急受け入れを制限

▼沖縄の通所型介護施設でも相次ぐコロナ感染、一時閉鎖で運営苦境に

▼返却率わずか27% パルスオキシメーターの在庫厳しく、沖縄県が貸し出し制限

▼5日間無症状なら園児の登園可能に 玉城沖縄知事が方針

 



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス