政治

玉城沖縄知事「一歩間違えれば甚大な被害」 波照間島近海に中国ミサイル 政府を通じ中国側に演習中止求める考え

中国軍のミサイル演習について記者団の取材に応じる玉城デニー知事=5日、那覇市のロワジールホテル那覇

 中国人民解放軍が4日に台湾周辺で実施したミサイル演習で、波照間島南西の日本の排他的経済水域(EEZ)内にミサイルが落下したことを受け、玉城デニー知事は5日午前、記者団に「県民が生活をする島々の周辺でミサイルが落下したことははなはだ遺憾と申し上げねばならない」と強調した。

▼国境の島、偶発的な軍事衝突に懸念高まる 演習区域は与那国島の漁場から50キロ

 「一歩間違えれば甚大な被害が生じる」とし、「『弾道ミサイル発射を繰り返すな』と政府から中国政府に申し入れるよう働きかけたい」と政府を通じて中国側に演習中止を求める考えにも言及した。県・周辺自治体・住民・漁協などへの情報提供も求めた。

 漁業者などへの対応については「関係部局を通じて的確に情報を提供できるよう、防衛局に働きかけたい」と述べた。「漁業者が身の危険を感じて操業ができない、と言うことは絶対あってはならない。それも踏まえて、防衛局に情報提供の必要性を求めたい」とした。

 他方で「今回の緊張状態からエスカレートさせることはあってはならない。外交は対話で信頼関係を構築することを双方で確認し、地域住民に不安を与えないことを前提にすべきだ」と訴えた。

【関連記事】

▼中国、台湾沖にミサイル11発発射 日本のEEZ内に5発落下

▼【識者談話】米中の衝突回避に対話が不可欠 ペロシ氏の台湾訪問

▼ペロシ氏訪台が県民生活に影響 米軍機相次ぎ離陸し騒音被害

▼嘉手納基地から米軍機の離陸相次ぐ 米下院議長の台湾訪問前、警戒活動か

▼<社説>米下院議長の訪台 これ以上波風を立てるな

 

 




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス