社会

F22戦闘機が米軍嘉手納基地に飛来 F15退役に伴う暫定配備開始 米アラスカ州の4機

嘉手納基地へ飛来する米軍のF22ステルス戦闘機=4日午後3時18分

 米空軍嘉手納基地に4日午後3時18分ごろから、米アラスカ州エルメンドロフ空軍基地に所属するステルス戦闘機F22が4機、相次いで飛来した。米軍はこれに先立ち、嘉手納基地に所属するF15戦闘機が老朽化しており、今後2年をかけて所属する54機を全て退役させると発表している。飛来したF22は、F15戦闘機の一部が近く米本国に帰還するのに伴い、暫定配備され始めた。

▼嘉手納基地所属F15戦闘機の後継機、2年かけて更新 米軍方針、F22を暫定配備

 米軍の説明によると、F15の退役作業を進める間、アラスカ州に配備されているF22を半年ごとに嘉手納基地に暫定配備する計画。まず11月中に十数機のF15が米本国に帰還する予定。

 一方、F15は一斉には退役せず、徐々に本国への帰還を進める流れのため、米軍は嘉手納基地には外来機のF22を合わせて一時的に現在の常駐機数を上回る可能性があるとしている。

 米軍に対して防衛省は、戦闘機の総数が一時的に増加する期間を極力短くするなど、周辺住民への影響を可能な限り減らすよう申し入れたとしている。

【関連記事】

▼「爆音をまき散らす機体が変わるだけ」…F15戦闘機の更新に基地周辺住民は

▼F15の退役後、嘉手納基地はどうなる?F22はどんな機体?外来機飛来の恒常化も

▼【写真】カナダ空軍機、嘉手納基地に飛来 北朝鮮船舶の「瀬取り」監視

▼【動画】「すごい近い…」座間味沖で米軍の2機が低空飛行

▼空自ブルーインパルスの下地島空港利用「検討を」 宮古島市が沖縄県に要望




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス