堤幸彦監督、仲間由紀恵さん主演で映画「ステップ」 舞台は沖縄、テーマは「ダンス」 仲間さん「パワーもらえる映画に」 25年公開予定


堤幸彦監督、仲間由紀恵さん主演で映画「ステップ」 舞台は沖縄、テーマは「ダンス」 仲間さん「パワーもらえる映画に」 25年公開予定 制作記者発表に登壇した主演の仲間由紀恵さん(右から3人目)と堤幸彦監督(同4人目)、Soulさん(右端)、又吉伶音さん(同2人目)、橘ケンチさん(同5人目)、伊波れいりさん(同6人目)ら=12日、那覇市久茂地の沖縄アクターズスクールスタジオ(喜瀨守昭撮影)
この記事を書いた人 琉球新報社

 沖縄を舞台に、ダンスを通じて子どもの成長などを描く映画「ステップ(仮題)」(堤幸彦監督)の製作記者発表が12日、那覇市久茂地の沖縄アクターズスクールスタジオで開かれた。主演の母・照屋朱音役を演じる仲間由紀恵さんら出演者と、堤監督、平一紘共同監督らが登壇した。映画は2025年に公開予定。

 会見に朱音の長男・踊役のSoul(そうる)さんと、妹・舞役の又吉伶音(れん)さん、プロのダンサーを目指す少女リサ役の伊波れいりさん、音楽プロデューサー・HIROKI役の橘ケンチさんが登壇した。

 映画は沖縄県内で3日にクランクインした。撮影はすべて県内で行われ、今月下旬にクランクアップする予定。

 仲間さんは「撮影の最初から見守ってくださっている関係者の方々や沖縄の神々にも感謝しつつ、最後まで完走できるよう見守っていただきたい」と語り、「映画を見終わった後に心が温かくなる、そして強いパワーをもらえる映画になると思う。沖縄の皆さんにも劇場に足を運んでいただいて見ていただきたい」と話した。(田中芳)

 ※15日付の琉球新報芸能面で詳報を予定しています