「ロピア」沖縄1号店が国際通りにオープン 朝7時前から並ぶ人も 低価格、独自商品など勢ぞろい 沖縄・那覇  


「ロピア」沖縄1号店が国際通りにオープン 朝7時前から並ぶ人も 低価格、独自商品など勢ぞろい 沖縄・那覇   買い物客であふれかえる「ロピア沖縄国際通り店」=25日、那覇市安里
この記事を書いた人 Avatar photo 玉寄 光太

 食品専門スーパー「食生活♥♥(ラブラブ)ロピア」を運営するOICグループ(神奈川県川崎市、髙木勇輔社長)は25日、那覇市安里のさいおんスクエア内の商業施設「カーゴス」に沖縄初店舗となる「ロピア沖縄国際通り店」をオープンした。営業時間は午前10時~午後9時。

 ロピアは海外も含めて90店舗が展開しており、低価格や独自商品のラインアップなどを強みとしている。

 新しい店舗で一足早く買い物をしようと、開店前から多くの人で行列ができた。午前7時前から並んでいた人もいたという。同店は「コイン式カート」を導入しており、カートを利用する際に100円硬貨が必要。カート返却後、100円は戻ってくる。会計は現金のみとなっている。

 沖縄国際通り店の運営は県内で「フレッシュプラザユニオン」を20店舗展開する野嵩商会(宜野湾市、仲村明社長)が手掛ける。ロピアのフランチャイズ店舗は全国初。(玉寄光太)

もっと詳しく

「コスパ最強」ロピアの沖縄戦略 初日は5000人超が買い物、焼き立てピザは2000枚販売 「ユニオン」と組んだワケ【店内写真複数】

 「コスパ最強」を打ち出し沖縄に初進出した食品専門スーパー「ロピア」の出足が好調だ。那覇市安里のさいおんスクエア内に構えた「ロピア沖縄国際通り店」には初日の25 …